60歳 性生活

MENU

アメリカが発表した安全な体位とは

腹上死しないか

中で漏れないか

不倫が見つかったら

 

60歳以上になってくるとただ性生活をする意外の心配がついてきます。
ただでさえ、心理的なストレスがあって、勃起しない、EDの人が多いのに、こういった影響でなおさら勃ちません。

 

今、アメリカの協会が発表したシニア向けの性愛報告書が日本でも知られており、いろんなところに衝撃を与えています。

 

セックス中の死亡者は、男性が92.6%
オーガニズムの瞬間は最大心拍数や血圧が急激に変化する
アナルセックスは、迷走神経を刺激し心拍を下げます。そのため、血流が弱くなるので、控えるべき

 

これは、日本のいろんなセックスマニュアル本などで言われている事ではありません。

 

では、どこでしょうか?

 

アメリカです。

 

米国心臓協会と欧州心臓学評議会が腹上死について共同声明を発表しました。
その一部の中に、書いてある事です。

 

腹上死とは<間違い>

 

愛する女性の胸元で絶頂のまま息絶えること

 

と考えていませんか?
違います。

 

セックスをするシニア世代には、簡単に私には関係ない、と言える事ではありません。

 

腹上死とは<正しい>

 

セックスにより心拍数や血圧が上昇した結果、病気が誘発されて死ぬ事

 

 

シニア世代で心臓に疾患がある人や心臓血管に問題がある人が、心筋梗塞や狭心症を起こしたり、あるいは脳卒中で死亡するケースです。
不整脈や臓器に持病がある人もそういったリスクがあります。

 

クラチャイダムゴールド 口コミ

 

もし、あなたが不倫相手とセックス中に、腹上死した場合、どうしますか??

 

救急車

 

・・・・・
・・・・
・・・
・・

 





 

正直、考えたくないですよね・・・

 

その後の騒動がもう修羅場っぽい。

 

その時、自分は死んでいるのでその場にいないので、逆に良かったと思う人もいるでしょう。

 

最近は、週刊誌でも死ぬまでセックス特集が組まれる程、シニアの性生活は活況で、60歳でもセックスを楽しんでいる人が多いですが、何かしら持病を抱えている人が多いのが実態です。

 

20代に比べて、60代の方が危険度は高いのは明白です。

 

そうした背景もあり、米国心臓協会と欧州心臓評議会は、共同声明を発表しています。

 

心臓や脳の手術をした患者さんも以前の生活を取り戻したい、もっと妻やパートナーと性生活を楽しみたいと思っています。

 

でも、この不安を相談する機関はほとんどありません。
また、言い難いですし、専門家も少ない。

 

アメリカなどでは、医師や看護師ら医療関係者にはどうやって答えるべきか、ガイドラインが出されています。

 

日本では、ここ2,3年議論がされつつあります。

 

循環器系の学会では、心疾患と性行為や運動との関連について議論されています。

 

心疾患患者だけに限らないのがこの議論の難しいポイントです。

 

肥満、糖尿病、生活習慣病、動悸息切れ、体力の衰えている人などすべてが対象になります。

 

一番危ないのは、「自分は大丈夫」と思っている人です。

 

こういった人が一番警戒心がないので、危ないと思った方が良いでしょう。

 

まずは、自分がどういった状態なのか、把握することです。
ただ、あまりにも心配になりすぎる必要はありません。

 

fauxhawaii.com
servenetts.com
kingtroll.com
elblogdebebes.com
ghaax.com
jnyishengyuan.com
find-property-overseas.com
aircraftcharternetwork.com
shoku-tsu.net
controlpanelsinc.net
greenmangohostel.com
wardfamilybluegrass.com
dumaukimonos.com
artisticdifferences.net
sugarbabe.org